一 場

晶子  「ねーねー未来! 今夜の同窓会、このスーツどう?
     五年前に買ったやつなんだけど、入ったのよ!
     この辺がちょっときついんだけどね・・
     あ、そうだ、夕飯の用意はしてあるから、
     塾から帰ったら温めて食べてね。
     それから、月謝はテーブルの上に・・・ねー未来!聞いてるの?」
     

未来 「わかった!」(話の途中で部屋から出て行く)


晶子 「あ、お帰りなさい。今日はどうだった?」

英治 「ああ」

晶子 「 まー、まだしばらくは失業保険もあることだし、
     貯えだって少しはあるし大丈夫よ! きっといい所がみつかるわ。 
     あっ、そうそう私も働こうかと思うんだけど・・。
     駅前の花屋さんが店員を募集してるらしくて。。。。
     お花屋さん・・
     ・・・・・・
     夢だったのよねえ・・・・」

英治 「夢ねぇ・・」
電話の音 

晶子 「はい、はい〜」



♪定年前にして狂い始めた俺の人生設計図
ハローワーク片手に 朝から晩まで職探し
職種・給料・福利厚生・何より大事な俺のプライド
すべてを満たす条件の会社、仕事、会社、仕事
社会の波にのまれた奴ら  鈴木は酒に溺れて荒れた日々
加藤は借金背負い 命を絶った 逃げてどうする? 死んでどうなる?
俺は負けない 弱音など吐くものか
晶子 「はいもしもし景山ですが..お義父さんが何か?
     青いポストですか?はい...
     ご迷惑おかけして申し訳ありません。」

未来 「おじいちゃん、ボケちゃったんじゃない?」

晶子 「あなた、どうします?」

英治 「引き取るしかないだろう。
     おふくろが死んだ時にそーしときゃよかったんだ。
     火事でも起こしたらどーするんだ。」

晶子 「そうだけど・・。あーもう、こんな時にどうして? 困ったわ・・  
     とにかく、私、今夜は同窓会に行って来ますね。 
     夕飯は用意してあるから、温めて食べてね。
     もうすぐお風呂沸きますけど、入った後は換気扇回しておいてね。
     えーっと、忘れものないかな・・・ 
     それじゃ、なるべく早く帰りますから、よろしくね。」



♪「お風呂が湧きました」

英治  「うるさい!」(上着をはおり、部屋から出て行く)