四 場




晶子 「未来、さっき咳してたでしょ? はい、しょうが湯。」


晶子 「ちゃんと飲んでよ! 熱出したって、
     お母さん今、仕事休めないんだから!
     またそんなことばっかりやって!塾の宿題はちゃんとやってるの!?」

未来 「もう、いいからほっといて!」

晶子 「ったく可愛くない。人が心配して言ってるのに・・。
  お母さん、明日も早いから先に寝るわよ。 
  ストーブと電気、ちゃんと消して寝るのよ! おやすみ!」



未来  「本当のこと言ってるだけ。」

影未来 「友達いなくなるよ。」

未来  「別に平気」

影未来 「こんなに頑張ってるのに。」

未来  「バッカみたい」

影未来 「誰も分かってくれない」

未来  「みんな自分のことで精一杯なの!」




未来  「私なんて・・・」 

影未来 「 いてもいなくても同じ」 

未来  「泣き虫!」


一郎  「 おーーー!やめろ加津子!
     死んでどうなる? 明が生き返るとでもいうのか!?」

未来  「おじいちゃん!」

一郎  「お!? あー、未来か。(我に返る)

未来  「おじいちゃん・・・」



一郎  「 ホー、上手にできとる。 
     未来が器用なんは婆さんに似たんじゃな。」

未来  「 欲しかったらあげるよ。」

一郎   「未来は優しいのー。 じいちゃんは未来が大好きじゃ。」



♪泣き虫未来はいい子だよ〜 泣き虫だけどいい子だよ〜

一郎  「英治がいっつも歌っとった・・・大事に大事に抱っこしてなぁ・・・
      景山家に天使がやって来たんじゃ!」
         ♪ミライと書いて未来という 希望の光の名前だよ〜
          未来が笑ろうてくれたなら 父さん力が湧いてくる  
          みんなに幸せやってくる



影未来  ♪希望の光の名前だよ・・

未来   「・・・私にも何か出来るかな・・」





もしかしてこれが私? 目をそらし歩いてたあの日の私・・・
泣きたいけれど 泣けない  怒りたいけれど 怒れない
変わりたいけれど 変われない
チグハグだらけの感情 行き場をなくした感情


私の中の 光と影 どちらが どちらが 私?
私の中の(本当の私は)   光と影(何処にいるの?)
どちらが(誰か知ってる?) どちらが(ねえ教えて)  私?
私の中の(本当の私は)   光と影(ここにいるよ)
どちらも(誰にも代われない) どちらも(これが私)  私・・
ありのままの私が 私は好き