フィナーレ




(フユが仕事歌を歌っている中、江戸の人々が登場)


   ♪いっとにっさんっとご いっとにっとさんっとご
    肝心要の 裏方さんよ〜ちょろりちょろりと折り合いつけりゃ
    えぇ塩梅で日が暮れて えぇ塩梅で夜が明ける




(江戸の人々がフリーズする中、川越と春子が登場)

川越 「新しい朝が来た〜 希望の朝だ〜店長、
    今日は雨の予報でしたっけ?
    傘の在庫、少なかったですよね?」

春子 「傘は午前中に入荷予定だから大丈夫。
    それより、ちょっと!
    明後日、団子めっちゃ作ることになってるんだけど!?」

川越 「その日はレインボーハウスから誕生会の注文が
                入ってるって言いましたよね!?」

春子 「聞いてないよ!」

川越 「いえ、言いました!」

春子 「聞いてない!」

川越 「言いました!」

春子 「あぁ、そう言えば聞いたわ。ねぇ? 手伝ってくれるよね?」

川越 「残業代、ちゃんといただきますよ?
         (ニヤリとして手の平を上にして出す)」

春子 「当たりまえだのクラッカー!
    それと、お弁当の廃棄がちょっと多いんだけど・・」

(コンビニ来客音)

川越と春子「いらっしゃいませ〜〜! (慌ててハケ)」




♪フィナーレ曲 「ただ生きていく」

   ここで流れた涙を 僕はしらない
        ここでこぼれた心を 誰もしらない
   でも確かにあった 小さな明け暮れ
        雨に染み 風に舞う きらめく命
   華々しく移りゆく時代の中で
        荒々しく立ち向かう私たち
   粛々と繰り返す無常の中で
        弱々しく立ち止まる私たち
   巡り合い (別れ行く) 
        信じ合い (繋ぎ行く) 
   ただ生きて行く





  カーテンコール