「迷・舞・MyLife!」TOP 1場 2場 3場 4場 5場 6場 フィナーレ


第4場(老人ホームで...)


 

人生いけいけ音頭の老人達
♪この世に生まれてきたからにゃ
 人生という道 しっかりと  自分の足で歩きましょう
 歩いて疲れりゃ 一服しましょ
 道端に咲く小さな花や 電線に止まる雀の群れに
 あいさつ交わせば またリフレッシュ
 人生いきいき いけいけゴーゴー
 お迎えくるまで いけいけゴーゴー
 「一度っきりの人生だもの!」
 ハァ いきいき いけいけ ゴーゴーゴー
*絵手紙教室に来た健一秀治優子 優子「すごく楽しくて、またこの時間に来たわ!」

「優子ちゃんの絵のうまい事!」

「わしの絵もええ線いっとろーがな!?
   絵手紙は下手がええんぞ、人それぞれの味があってな。」」

ボランティア「絵手紙は描いた人の人柄や、歩んで来た人生の
        重みが伝わってくるから不思議ですね。」

健一の婆ちゃん人生賛歌
♪幸せに生きたいと願いながら
  幸せを手にすることができなかった
  この身の不幸せを嘆き
  悲しみ 苦しみ 怒りの他は何も見えなくなった
  健一の呼ぶ声で 再び目覚め
  ここでみんなと出会い

  水のささやき 花のほほえみ 風の歌が聞えてきた
  この身の不幸せを嘆くのはやめよう
  私には他にも出来る事がある
  たとえ体が動かなくなったとしても
  私にはまだ出来る事がある
  心のある限り愛する事が出来る
  私は健一と共に生き
  愛する喜びと共に生きる
  水とささやき 花とほほえみ 風と歌う

秀治優子健一老人「命いっぱい」
優子 私はいつも 思ってた お兄ちゃんにはかなわない
      私はいつもいじけてた お兄ちゃんと比べられ
      でも彼にも 悩みがあったんだ

  秀治 自分が何かもわからずに まるであやつり人形
      心や体が叫び出し 闇の中を走ってた
      だけど今は 光をみつけた

  3人  今はわかる やっと気づいた 生きる意味が
      自分らしく生きればいいと 僕が 私が
      ここに ここに 精一杯 今出来る事を

  全員 何も変わらなくても(何も変わらなくても)
      生きてるってすばらしい(生きてるってすばらしい)
      命いっぱい 命いっぱい 命いっぱい
      命いっぱい
 

     

1